簡単バッグ

ポルトガルじゅうたん刺繍で
バッグを作りたいんだけど、仕立てが面倒・・・
そんな声がよく聞かれます
    かくいう私もその一人・・・

そこで無地のトートバッグ
        貼り付けてみました

 簡単バッグ

手抜き仕立てって、気持ちいいー

聖アントニオ祭の絨毯

8月に放送されたBSの番組
『地球バス紀行ーリスボン発、中世の町を行く』
  の録画を見ていると、
  なんと絨毯刺繍発祥の地
Arraiolos(アライオロス)が映っているではありませんか
観光地ではないので、
    TVで取り上げられるのは珍しいこと

さらに驚いたのは、
Estremoz(エストレモス)という町の
古城を改築したポウサーダ(国営ホテル)の紹介場面
寝室のベッド・サイドによく見慣れたデザインの
   タペッチが敷かれているではありませんか

これはリスボンの「聖アントニオ祭」を描いた
      伝統的デザインで、
 18世紀ごろから受け継がれています

  聖アントニオ③
 "Historia e Tecnica dos Tapetes de Arraiolos"

もちろん、我が家にも飾ってあります

  聖アントニオ①

このデザインのセントロ(中央部)のモチーフは
 それだけでも美しく、先日、Kayoさん
   このモチーフでクッションを作りました

   聖アントニオ②

何百年経ても色褪せないデザインって、ステキ

裏の仕上げ

連日の雨模様ですが、
         晴れ間を縫って
マットの裏のノリ付け作業
         取り組んでいます
ノリの配合を変えながら
       試行錯誤しています

 ノリ付け

フランジャ製作器具

フランジャ(房)製作器具
        作ってくれました
前からリクエストしていたのですが、
  やっとやる気スイッチが入り、
    製図から頑張ってくれました

おかげでイメージ通りのものが出来あがり、
  あとは私の編む技術を高めるのみ

  フランジャ器①

編みあがったフランジャはこんな感じ

  フランジャ器②

サマー・ヤーンのミニ・タペ

サマー・ヤーンの残り糸で
青いバラのミニ・タペを作りました
全面、ダブルクロス・ステッチで刺しました
そして、より涼しげに見えるように
    残り物のレースを活用

 サマーヤーン④

プロフィール

Mana

Author:Mana
大阪府在住。
ブラジル滞在時に「タペッチ」という現地の手芸に出会う。
2010年11月、ポルトガルのポルトで開催されたJapan Weekに参加し、現地で交流をはかる。
2014年9月、ブラジルのフロレスタル市のJRタペッチ工房にて研修。
現在、大阪南部を中心に「タペッチの輪」を広げるべく活動中。

【日本手工芸指導協会師範、
 大阪日本ポルトガル協会会員】

≪教室案内≫
 ・近鉄文化サロン 上本町 
    第3(金)13:00~15:00
 ・JEUGIAカルチャー 
    イオンモール堺北花田
    第2・4(水)10:30~12:30
・JEUGIAカルチャー
    堺タカシマヤ
    第2・4(水)13:30~15:30
 ・JEUGIAカルチャー 
    イオンモールりんくう泉南
    第1・3(水)10:30~12:00
    第2・4(月)13:00~14:30

 ※ 自宅教室や出張レッスンにつ
 いては、下記のメール・フォーム
 にてお問い合わせください。 

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: