「ハニービー」の作品展

高校の同級生、K代さんが主宰する
キルトサークル「ハニービー」
   第6回作品展に行ってきました

ミニ・フレームのコーナーに
     とても魅力を感じました
参加者全員が同じハートのモチーフを
それぞれの素材で作り上げているのですが、
どれも「ビタミンカラー」に溢れていて、
  見ているだけで元気がもらえました

  ハニービー①

  ハニービー②

その中でも特に魅かれたのがこちらの作品

 ハニービー③

自分たちも作品展を控えているので、
   とても刺激をいただいて帰ってきました

ガーロのフレーム

ポルトガルのイメージ・キャラクターとも言える
        ガーロ(雄鶏)
小さな置物はいくつか持っているんですが、
これをモチーフにして作品が作れないかと・・・

  ガーロ

今回は、リバース・アップリケの技法を用いて、
   布のパッチワークで作ってみました

次は、同じモチーフをポルトガルじゅうたん刺繍で
      作ってみたいと思います

「ハニービー」の作品展

高校の同級生、K代さんが主宰する
  キルトサークル「ハニービー」
    第5回作品展に行ってきました

生徒さんたちがそれぞれの発想で
  色々な素材を利用して作った
フレームの作品群が特に印象的でした

ハニービー①

ハニービー②

パッチワーク作品

今日は久しぶりにパッチワークの作品をアップします
パッチワークは配色と仕立ての練習になるので、
   時々取り組んでいますが、
      今はなかなか時間がとれません

着物のハギレで作ったステンドグラス・キルト
(参考デザイン『パッチワーク・キルト通信』1999年2月号)
   ダブル・ヘキサゴンのバッグです

   ステンド

   ヘキサゴン

3色バッグ

梅雨が明けるなり、
先が思いやられるような猛暑の毎日に
集中力も途切れがち・・・

数種類のタペッチをとっかえひっかえ刺したり、
合間にパッチワークをはさんだりしています

パッチワークの3色バッグが完成
娘が気に入ったようなのでプレゼント

  バッグ3色

プロフィール

Mana

Author:Mana
大阪府在住。
ブラジル滞在時に「タペッチ」という現地の手芸に出会う。
2010年11月、ポルトガルのポルトで開催されたJapan Weekに参加し、現地で交流をはかる。
2014年9月、ブラジルのフロレスタル市のJRタペッチ工房にて研修。
現在、大阪南部を中心に「タペッチの輪」を広げるべく活動中。

【日本手工芸指導協会師範、
 大阪日本ポルトガル協会会員】

≪教室案内≫
 ・近鉄文化サロン 上本町 
    第3(金)13:00~15:00
 ・JEUGIAカルチャー 
    イオンモール堺北花田
    第2・4(水)10:30~12:30
・JEUGIAカルチャー
    堺タカシマヤ
    第2・4(水)13:30~15:30
 ・JEUGIAカルチャー 
    イオンモールりんくう泉南
    第1・3(水)10:30~12:00
    第2・4(月)13:00~14:30

 ※ 自宅教室や出張レッスンにつ
 いては、下記のメール・フォーム
 にてお問い合わせください。 

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: