バッグの試作

タペッチとパッチワークキルトの組み合わせ
    バッグを試作してみました

 バッグ

    タペッチだけで作るより
 底やマチの部分にキルトを使った方が
    仕立てやすくなるし、
 かばんとしての耐久性もよくなると思います

シックな巾着

私が習っているパッチワークの先生は
   とてもシックな配色をされます

初めは「ちょっと地味かなあ・・・」と感じるのですが、
使っているうちに「この方が、飽きが来ず、正解
と思うようになるのです。
そんな配色をタペッチ作りにも活かせたら・・・と思っています

今回、初めてテープ・メーカーという道具を使いました

巾着

日韓アート交流展

今日は、お天気はよくなかったのですが、
タペッチ仲間のKYゆさんと二人で
   「日韓アート交流展」に行ってきました

日韓交流①

日韓の芸術家さん達の才能あふれる作品を鑑賞しつつ、
「こんな才能あったらなあ・・・。
   せめて目だけでも肥やさなくっちゃ・・・。」と
ちょっぴり「芸術の秋」を意識した一日でした

日韓交流②

今月のタペッチ会

やっと毛糸にさわりやすい季節になりました

今月のタペッチ会では、YakkoさんKSさん
フランジャ(房飾り)の作り方の練習。
基礎練習用のミニマットの周辺にフランジャを付けました

10月  10月②

色々な手芸をやっているまじゅさん
麻ひもバッグ作りにも はまっているんです
タペッチ同様、相当根気の要る手芸ですネ

10月③

KYゆさんは新しい大作に取りかかっています。
パッチワーク柄の目数合わせがややこしく、
下絵描きに苦労したそう

10月④

私、Manaは19世紀の図案の作品に取りかかっています。
セントロ(中央部)の花模様ができあがりました
今回はパステル調の配色でかわいく仕上げるつもり

10月⑤




日本語の中のポルトガル語

今日はちょっとタペッチから離れて、ポルトガル語のお話を・・・

現在外来語が氾濫している日本語ですが、
日本語の中に最初に取り入れられたヨーロッパの言語はポルトガル語なんです


皆さんにおなじみで、
もうすっかり日本語の中におさまっているものとして、


  パン、 たばこ、 天ぷら、 カステラ、
        キャラメル、 ボタン、 合羽、 コップ・・・
  

私がブラジル生活の中で発見したものもいくつかあります。 
まず、一つ目は“carta”(カルタ)
 日本ではカードゲームですが、向こうでは「手紙」の意味。
  だから、各家庭の郵便受けには“carta”と書いてあるんです。


また、「金平糖」がポルトガル語からきたということはよく知られていますが、
  星形のあのお菓子だけを指すものではなく、
 現地では「お菓子全般」のことを“confeito”(コンフェイト)と呼んでいるんです。


      金平糖

それから、現地では、「ケーキ」のことを“bolo”(ボーロ)と言うんですが、
  「あれ!ひょっとして、子供のころよく食べた
       『玉子ボーロ』や『そばボーロ』は、これが語源?」

    気づいた時は、なんか、大発見した気分でした

      ボーロ

最後に、とっておきの語源発見のエピソードを・・・。

時々「下着」のことを「じばん」と言う夫に、

私は「そんな古くさい言い方、やめてよ!」と言っていました。

ある日のこと、
 私: お父さん、「じばん」とか「じゅばん」とかって、
    語源はポルトゲスの“gibao”だって

 夫:(気を良くして) どうだ
    僕は日本語の中のポルトゲスを保存してきたんだ

プロフィール

Mana

Author:Mana
大阪府在住。
ブラジル滞在時に「タペッチ」という現地の手芸に出会う。
2010年11月、ポルトガルのポルトで開催されたJapan Weekに参加し、現地で交流をはかる。
2014年9月、ブラジルのフロレスタル市のJRタペッチ工房にて研修。
現在、大阪南部を中心に「タペッチの輪」を広げるべく活動中。

【日本手工芸指導協会師範、
 大阪日本ポルトガル協会会員】

≪教室案内≫
 ・近鉄文化サロン 上本町 
    第3(金)13:00~15:00
 ・JEUGIAカルチャー 
    イオンモール堺北花田
    第2・4(水)10:30~12:30
・JEUGIAカルチャー
    堺タカシマヤ
    第2・4(水)13:30~15:30
 ・JEUGIAカルチャー 
    イオンモールりんくう泉南
    第1・3(水)10:30~12:00
    第2・4(月)13:00~14:30

 ※ 自宅教室や出張レッスンにつ
 いては、下記のメール・フォーム
 にてお問い合わせください。 

リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: